すぐ使えるCGI Perl環境調査CGI

Perl 文法チェック

  1. 下の「チェック対象CGIファイル名」にチェックしたい Perl CGI のファイル名を入力して、「文法チェック」ボタンを押して下さい。
  2. 結果は、「文法チェック結果」欄に表示されます。
チェック対象CGIファイル名(例: target.cgi )

文法チェック結果

(文法チェックの結果はここに表示されます)

サーバ環境チェックの結果

OS linux
Perl のパス /usr/bin/perl
現在のディレクトリの絶対パス表記 /home/dcm/public_html/contact
Perl のバージョン 5.010001 (5.10.1)
日本語文字コード関係
メールツール /usr/sbin/sendmail が使えます。
モジュール
CGI 利用可能(Ver. 3.51)
File::Basename 利用可能(Ver. 2.77)
File::Path 利用可能(Ver. 2.08)
Jcode 利用できません

※ 一部の標準モジュールは利用できる場合でも「利用できません」と表示される場合があります。

その他のモジュール 1モジュール/1行でチェックしたいモジュールを記入して下さい。
(10行まで。結果は上に表示されます。)

CGI設定チェックの結果

※このパートはUNIX系の環境のみ対応しています。

CGI はユーザ 556 (dcm) の権限で実行されています。

対象ファイル 適したパーミッション ※1
CGIファイル 700 rwx------
CGIファイルを置いているディレクトリ 755 rwxr-xr-x
書き込みファイル ブラウザで見ない※2 600 rw-------
ブラウザで見る ※3 644 rw-r--r--
書き込みディレクトリ
(中にファイルを作ったり
削除したりする場合)
中のファイルをブラウザで見ない ※2 700 rwx------
中のファイルをブラウザで見る ※3 755 rwxr-xr-x

※1 これ以外のパターンもありえます。お使いのサーバのマニュアル等で指示があればそちらを優先して下さい。
※2 管理者用のログファイルなど。FTPダウンロードのみの場合。
※3 画像や、ホームページの内容を更新したりする場合。 ブラウザからダウンロードする場合も含みます。


すぐ使えるCGI Perl文法チェック&環境調査CGI Ver. 1.0